男性

自分でも色々と工夫すれば低体温は改善可能|健康被害を受けない為に

基礎体温を上げて健康維持

体が冷える事によって病気になりやすくなったり、体調を崩しやすくなるので、基礎体温を上げる為に温活する事が必用です。温活の方法には食事によって体を温める効果のある食べ物を摂取したり、入浴の際に湯船に浸かったりと日常の生活を改善する事が大切です。

十分な効果が期待できる

入浴

食べ物を工夫しよう

江戸時代の日本人の平均体温は37度程度であったと言われています。しかし、現代の日本人は体温が35度程度という低体温の人が増えていると言われています。低体温の状態は血行が悪くなる、免疫力が下がる、基礎代謝が低下する、病気になりやすくなるとされています。そこで、低体温を改善する方法として、いくつかあります。まず、体を冷やす作用のある食べ物は避けるようにするということです。冷たいものはもちろんのこと、夏が旬の食べ物、南国原産の食材は体を冷やす作用があるとされていますので、避けるようにしましょう。食べ物は常温もしくは温かい物を食べるようにすることで体の冷えを改善することが出来ると期待することが出来るでしょう。

間違ったダイエットは危険

女性の中には、摂取カロリーを制限するダイエットを行っている人も少なくはありません。しかし、摂取カロリーを制限しすぎてしまうと、低体温となってしまう可能性があります。食事をすると、食べ物を分解・吸収する時に熱が発生します。その結果、カロリーが消費されるのですが、食べ物を制限してしまうと、カロリーの消費量が減ってしまいます。また、食べないことで体が飢餓状態であると脳が判断してしまい、脂肪を溜め込みやすくなるとされています。低体温を改善することで、基礎代謝を高め、ダイエット効果を得やすくなります。低体温改善、ダイエット効果を期待することが出来る方法として、筋肉トレーニングや有酸素運動を積極的に行うようにしましょう。

体の歪みがなくなり健康に

寝返りをうつと眠りは浅くなりますが、モットンは寝心地が良い為寝返りの回数を減らすことができます。また体圧を分散させ理想的な体勢で眠ることができるので、腰痛改善に効果があるだけではなく、体の歪みからくる肩こりや頭痛も改善できます。

エストロゲンの効果とは

女性が健康的で美しさを保つためには、女性ホルモンのバランスをとるのは必要不可欠です。女性ホルモンを増やすには、睡眠やバランスの良い食事が大切です。また、最近はサプリメントでホルモンバランスを整えることもできるので摂り入れていきましょう。